バイアグラ購入

バイアグラ購入/治療効果の高いed治療薬をお手頃価格で

バイアグラ購入・方法

ed治療薬バイアグラを購入する方法は、大きく分けて二つあります。

 

一つ目は、病院を受診して医師から処方箋を出してもらい、薬局でバイアグラを購入する方法。

 

もう一つが、インターネットの通販を利用して、個人輸入代行業者からバイアグラを購入する方法です。

 

いま、二つ目のインターネットを活用した個人輸入代行が注目を集めています。

 

個人輸入代行とはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

個人輸入とは海外のバイアグラを個人で取り寄せて購入することです。

 

通常、海外の製品はその企業の現地法人、あるいは日本での代理店が国内の市場に流通させて販売することになります。

 

それに対して個人輸入の場合は、直接現地の企業や店舗とやりとりを行い、注文・購入することになります。

 

 

つまり国境を越えた取引を行うという事ですね。

 

しかし日本人が個人輸入を行う場合は、言葉の壁という大きな問題があります。

 

アメリカの製品を購入する場合には、当然英語能力が求められる訳です。

 

製品情報を読み取る読解力は当然のこととして、問い合わせや必要事項の記入などに英作文の能力も求められます。

 

最低限メールで意思の疎通が可能な程度の語学力が大前提となります。

 

ed治療薬バイアグラを個人輸入する場合には、結構トラブルも多いため、素人にはなかなか難しいものなんですね。

 

そこで、そんな面倒な個人輸入を代行してくれる、個人輸入代行業者の登場です。

 

個人輸入代行業者は購入者と海外の企業・店舗を仲介し、意思の疎通と取引内容の確認を行うことによって個人輸入をスムーズに行うことが仕事なんです。

 

利用する側としては、その国の言葉がまったく理解できなくても、取引を行うことができるんです。

 

インターネットのおかげで個人輸入代行を手軽に利用できるようになった点も普及の要因となっているんです。

 

個人輸入代行業者がすべて良心的な業者とは限らないんですね。

 

質の良い業者は、サイト上に必要事項や情報をしっかりと明記しており、きめ細かな対応をしてくれます。

 

注文の際のやりとり、あるいはメールでの問い合わせの対応など細かい点で信頼できる業者とそうでないところの差が出るものです。

 

また利便性の点では代金引換が利用できるかどうか、発送形態を選択できるかといったところも注意しておきたいところですね。

 

インターネット通販で手軽に購入できるバイアグラをもっと知りたい方は次のページ以降で詳しく解説しています

バイアグラ・ジェネリック

最近は日本のテレビでも、ジェネリック薬品のCMが流れるようになりました。

 

少し前までは、バイアグラジェネリック薬の事を「ゾロ」などと卑下した言い方で呼ぶ医療関係者さえいました。

 

新薬の特許が切れると、ジェネリック薬が「ゾロゾロ」発売される事から「ゾロ」と呼ばれていたようです。

 

最近解禁された国産バイアグラジェネリックを見てみると、「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになったんです。

 

ただ、解禁されたからと言ってすぐに発売できる訳ではありません。

 

 

人間の身体に影響を及ぼす医薬品なので、厚生省が決めた各種試験で「薬剤の安定性」を証明し、さらに諸々の手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できるんです。

 

今では、病院に行って医師から診察を受けた後、薬局で薬をもらう際に、薬局の薬剤師さんが「この薬にがジェネリック薬がありますがどちらにしますか?」と聞いてくれるようになりました。

 

ほぼ同じ成分で作られているジェネリックですから、金額的にお安いのは魅力的ですよね。

 

ただ、インターネット上から購入する場合は、「ニセモノ」のジェネリック薬に注意が必要です。

 

ネット上に出回っているed治療薬の60%近くは「ニセモノ」であるという調査結果もあるくらい出回っているんです。

 

今から普及が進むジェネリックのことをもっと詳しく勉強しましょう

バイアグラ・カマグラゴールド

バイアグラのジェネリック薬で最も人気が高いお薬が「カマグラゴールド」です。

 

カマグラゴールドは、インドの「アジャンタ・ファーマ社」が製造する、バイアグラのジェネリック薬で、バイアグラと同じ成分のクエン酸シルデナフィルを100mg配合しています。

 

 

バイアグラは2014年5月に特許が切れて日本でもジェネリックが発売されましたが、価格が1錠1200円から1000円と、先発薬と大差なく期待外れの声もあります。

 

また配合量も25mgと50mgだけで、100mg錠はありません。

 

その点カマグラゴールドは価格的にも100mg錠がある点でもメリットが大きいジェネリックといえます。

 

1錠分あたりのコストは、 カマグラゴールド1箱(4錠入り) が1錠あたり745円、カマグラゴールド7箱(28錠入り)では、1錠あたり 192円という安さなんです。

 

服用後30分から1時間で効果があらわれて、約4時間効果が持続します。

 

この時間内に性的な刺激を受けるとスムーズに勃起します。

 

効果が続いてる間ずっと勃起しているわけではありません。

 

いちど射精しても効果が続いている時間内なら、性的な刺激を受けることで再び勃起することも可能なんです。

 

このようにコストパフォーマンスも抜群なカマグラゴールドですが、購入する際に気を付けなければいけない事があるんです。
輸入代行サイトや精力剤取り扱いサイトなどの中にはニセモノを平気で売りつける詐欺師がゴマンといるんです。

 

見た目はそっくりでも、有効成分が少し、あるいは全く含まれていないなどの話は今どき珍しくもありませんし、人体に悪影響のある危険な成分が混入しているケースもあります。

 

信頼のおけるサイトから、「正規品」を扱っている輸入代行業者を選ぶ事が重要です。

 

ここのサイトでは、輸入代行業者の事も説明してありますし、安全な業者も掲載していますので、参考にしてみて下さい。

バイアグラ・通販

バイアグラを購入する方法は基本的には2つあります。

 

クリニックを受診して、医師に処方箋を書いてもらい薬局からバイアグラを購入する方法と、もう一つはインターネット通販を利用して「個人輸入代行業者」から購入する方法です。

 

バイアグラを薬局で購入する場合、少なくともドクターを始め病院スタッフと薬局のスタッフとは顔を合わせなければなりませんよね。

 

最近は、男性スタッフだけのクリニックもあるようですが、薬局には女性が必ずいますから、何となく恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

相手はこちらが思っているほど、気にはしていないんですが、薬の性格上恥ずかしく思ってしまうんでしょうね。

 

インターネット通販で購入する方法ですが、通常は「バイアグラ」を説明しているサイトから「個人輸入代行業者」のホームページに入り、購入するというパターンになりますよね。

 

ここで気を付けたいのが、インターネットで購入する際にはあくまでも「自己責任」で購入する事になるという事なんです。

 

もし購入した「バイアグラ」がニセモノだったとしても、誰も助けてくれませんし、代金の保証もしてはくれないんです。

 

なので、インターネットで「バイアグラ」を購入する際には、その「バイアグラ」が「正規品」であるかどうかの見極めが重要になってきます。
ある調査によると、インターネット上に出回っているed治療薬の内55.4%がニセモノだったという調査結果が出ています。

 

いかにニセモノがネット上に出回っているかがわかりますよね。

 

ニセモノを見分ける方法として、極端に値段を安く表示している場合が考えられます。

 

例えば、割安のジェネリック薬だとしても、製造コストなど最低限の費用は掛かる訳ですから、ある程度の金額になるのはやむを得ないんです。

 

いくつかの「個人輸入代行業者」を比べてみれば「正規品」の適正価格がわかると思います。

 

 

また、NTTのタウンページ検索(http://itp.ne.jp/)を利用して正式に営業している業者なのか確認する方法もあります。

 

最悪の場合、予期しない副作用の危険性もあるニセモノのバイアグラは、絶対に避けたいものですね。

バイアグラ・飲み方

バイアグラを飲んだにもかかわらず、効果が実感できないという人がたまにいます。

 

バイアグラは大変優れた薬なので、効果が発揮されない事はめったにありません。

 

効果が実感できない原因は、「バイアグラの飲み方」にあることがほとんどなんです。

 

 

「バイアグラは食事の影響を受ける」という事を聞いた事があると思いますが、「食事の影響」とは何なんでしょうか?

 

それは、「胃の中に食物が無い状態で飲む」ことを守っていないために、バイアグラの効果が発揮されないんです。

 

お酒を飲んだ時のことを考えて下さい。

 

空腹時にお酒を飲むと、酔いが早く回りますよね。

 

それは、胃の中に何も入っていないために、アルコールが血液中にすばやく吸収され、全身にアルコールが回った結果早く酔うんです「

 

その理屈と全く同じで、空腹時にバイアグラを飲むことで、バイアグラの成分であるシルデナフィルが、胃の毛細血管に効率良く吸収されるんです。

 

ところが、食事をした後あまり時間を空けずにバイアグラを飲むと、胃の内容物を消化する事が最優先されてしまい、シルデナフィルの吸収が遅れてしまうんです。

 

その結果、「バイアグラが効かない」状態になってしまうんですね。

 

「腹が減っては戦が出来ぬ」と言われるように、あまりお腹が減りすぎているとセックスにも集中できないし、すぐ疲れてしまいますよね。
なので、空腹時にまずバイアグラを飲んで、完全に吸収されてから(おおむね30分と言われています)食事をして下さい。

 

バイアグラが効いている時間は4〜5時間と言われていますので、ベッドインの時間を考慮しながら食事をすることが大事です。

 

いずれにしても、バイアグラを服用する時の食事は、脂っこいものは避けて、和食などのさっぱりした物にしたほうが無難でしょうね。

バイアグラ・PDE5阻害薬

ED治療薬の事を別名「PDE5阻害薬」と言う場合があります。

 

PDE5とは、ホスホジエステラーゼ(PhosphoDiestErase)5の略で、ペニスの中の血管平滑筋などに存在しています。

 

PDE5はペニス内への血流を促し勃起を助ける酵素である、細胞内セカンドメッセンジャーサイクリックGMP (cGMP)を分解してしまうんです。

 

cGMPが増える事によって、血管拡張物質である一酸化窒素の効果を増大させて、 ペニス内海綿体平滑筋を弛緩拡張させて、 勃起の最初のアクションである海綿体への動脈からの血液流入増加を発生させて、 ペニスを硬く勃起させるんです。

 

PDE5のこの働きを阻害してcGMPを増加させる働きをするのが、バイアグラなどのPDE5阻害薬なんです。
つまり、PDE5阻害薬はcGMPの濃度を高める事によって勃起を促す薬品なんですね。

 

商品名「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」は、それぞれ、「シルデナフィル」、「バルデナフィル」、「タダラフィル」 がPDE阻害薬になります。
PDE5阻害薬の他にPDE3阻害薬も存在します。

 

PDE3阻害薬はサイクリックAMPを増加することにより心臓の陽性変力作用を発現させ、 強心薬として機能します。

 

ホスホジエステラーゼ3阻害薬はその他にも血管拡張作用や運動耐用能力増加作用も有しており、 循環器領域に有用性の高い薬剤として広く用いられています。

 

バイアグラが発売される前までは、ED治療薬として効果のある薬はあまり無かったので、発売当時は画期的な薬の出現と大きな話題になりました。

 

PDE5阻害薬バイアグラがなぜedの悩みを解消するのか理解しましょう

バイアグラの歴史

世界中で名前が知れ渡っているED治療薬と言えば「バイアグラ」なので、歴史が古いと思いがちですが、日本で初めて発売されたのは1999年3月23日なので、まだ新しい薬なんです。

 

バイアグラの誕生にはエピソードがあって、当初は狭心症の治療薬として開発がスタートしたんです。

 

ところが、狭心症に対しての治療効果はあまり芳しいものではなかったそうなんです。

 

最終的に狭心症の薬としての開発は中止になりましたが、なぜか被験者から残りの薬が帰ってこない事がありました。

 

その理由を問い詰めると、ペニスの勃起効果があることが判明したんです。

 

製薬会社のファイザーは、ED治療薬に開発を切り替えて実験等を重ねバイアグラの発売に至ったんです。

 

アメリカでは、1996年にその特許申請が認められ、1998年3月27日にアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されたんです。

 

バイアグラの開発製造元であるファイザーはFDA承認後、勃起不全症(ED)の治療薬として、シルデナフィルを大々的に宣伝しました。

 

日本でも、噂を聞きつけた一部の人が個人輸入でバイアグラを手に入れ始めました。

 

たまたまその人たちの中で、ニトログリセリンなどの硝酸塩薬を服用している人がバイアグラを飲んでセックスを行い心停止に陥り死亡する事例が数件発生してしまったんですね。

 

そのため、当時の厚生省は副作用死(薬害)抑止の観点もあり国内での臨床試験を実施せず、米国の承認データを用いるスピード審査を敢行し発売を早めたと言うエピソードもあるんです。

 

偶然の産物ともいえるバイアグラが、これほど世界中のEDの人たちの自信を取り戻すことに貢献できるとは、当時の研究者たちも想像できなかったでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ